IOC STAFF ブログ
床・意研究会主催 第5回フォーラム開催のお知らせ 2018年3月08日(木) 一覧へ戻る
皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

早速ですが来る3月8日(木)床・意研究会主催の第5回フォーラムを開催いたします。

床・意研究会とは?
建築における床の意味や意匠について、いろいろな建築家やデザイナーの皆さんと話し合ったり、フォーラムを開いたりする研究会です。
主宰:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト・生活環境プロデューサー) 
特別協賛会社:アイオーシー株式会社

■床・意研究会フォーラム第5回
「建築家、デザイナーが語る建築における床の意味と意匠」

●内容
西田司氏、平田晃久氏、お二人の建築家が建築における床の意味と意匠について語り、トークセッションを行います。

●プログラム(講演の順序は変更する場合もあります)
・モデレーター挨拶
・講演1:18時30分〜19時
 西田 司氏
・講演2:19時〜19時30分
 平田 晃久氏
・トークセッション:19時30分〜20時
 西田司氏、平田晃久氏、稲垣淳哉氏、中崎隆司氏(モデレーター)

●日時:2018年3月8日18時30分〜20時(開場:18時)
●会場:イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA2階セミナールーム
http://www.synqa.jp/
●定員・参加費
100名 無料
●企画
中崎 隆司(建築ジャーナリスト・生活環境プロデューサー)
●主催
床・意研究会
●特別協賛
IOC株式会社
●協力
イトーキ株式会社

参加ご希望の方は、下記申し込みフォームからお申込みください。
皆さまのご参加申し込みお待ちしております。※業界関係者の方のみとなります。
▼今回のゲストは以下の皆様です。
                                                                                            Photo: (c)Luca Gabino

平田 晃久(ひらた あきひさ)
建築家,京都大学准教授

1971年大阪府に生まれる。1994年京都大学工学部建築学科卒業。1997年京都大学工学研究科修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務の後、2005年平田晃久建築設計事務所を設立。2015年より京都大学准教授就任。
主な作品に「桝屋本店」(2006)、「Bloomberg Pavilion」(2011)、「太田市美術館・図書館」(2017)、「Tree-ness House」(2017)等。第19回JIA新人賞(2008)、Kaohsiung Maritime Cultural & Popular Music Center国際競技二等(2011)、Elita Design Award(2012)、第13回ベネチアビエンナーレ国際建築展金獅子賞(2012、日本館)、太田駅駅前文化交流施設プロポーザル最優秀賞(2014)、等受賞多数。著書に『現代建築家コンセプト・シリーズ8 平田晃久 建築とは<からまりしろ>をつくることである』(LIXIL出版)等。
2016年にはニューヨーク近代美術館(MoMA)にて”Japanese Constellation”展(2016)参加


西田 司((にしだ おさむ)
建築家

1976年神奈川県生まれ。1999年横浜国立大学卒業。2004年オンデザインパートナーズ設立。
使い手の創造力を対話型手法で引き上げ、様々なビルディングタイプにおいてオープンでフラットな設計を実践する設計事務所オンデザイン代表。
建築分野におけるコミュニケーションの可能性を探る実践をおこなっている。
主な仕事として、「ヨコハマアパートメント」(JIA新人賞、ベネチアビエンナーレ日本館招待作品)、「ISHINOMAKI 2.0」(グッドデザイン復興デザイン賞、地域再生大賞特別賞)、島根県海士町の学習拠点「隠岐国学習センター」。著書に「建築を、ひらく」「おうちのハナシ、しませんか?」「オンデザインの実験」等。
参加申し込みフォーム
氏 名 ※必須
カ ナ ※必須
会社名 ※必須
職 種 ※必須
お電話 ※必須
メール ※必須
コメント
戻る